Skip to content
全品:手作り、2週間以内に出荷
全品:手作り、2週間以内に出荷

アレキサンドライトとは?

         アレキサンドライトとは、金緑石=クリソベリル(Chrysoberil)」の変種で、1830年、ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山(ロシア語版)で発見されました。


アレキサンドライトの特徴

         アレキサンドライトは浴びる光によって発色を変えることができるため、太陽の下では、濃い青緑色で、夜のランプ・キャンドルライトの下では赤紫色に見えます。神秘的な変色効果がある特徴は、2つの顔を持つ魅惑の宝石として、「昼のエメラルド」「夜のルビー」と言われています。Radheskaでは、合成アレキサンドライトを使用しています。

 

合成アレキサンドライトとは?


           合成アレキサンドライトとは、合成コランダムの1つです。

ラボで作成されたアレキサンドライトは、フレームフュージョンと呼ばれる方法で作られています。

天然宝石のように見えるように作られ、本物の石と同じ化学的性質を持ちます。

また、天然アレキサンドライトと同じ硬度、密度、外観を持ちます。

訓練された目だけが、ラボで作成されたアレキサンドライトと本物のアレキサンドライトの違いを理解できます。

合成アレキサンドライト宝石の価格は、ほとんどの天然アレキサンドライトの価格よりも安いため、

鮮やかな発色が変化する宝石は、高価な天然アレキサンドライトの手頃な代替品になっています。

 

ラデスカの合成アレキサンドライトリング

ラデスカのリング(指輪)については、合成アレキサンドライトをメインにダイヤモンドで脇を飾っているデザインです。アレキサンドライトは女性の間で最も人気の高い宝石の一つなので、最近婚約指輪として使用しています。