Skip to content
全品:手作り、2週間以内に出荷
全品:手作り、2週間以内に出荷

モアサナイトとは?


        モアサナイト(モアッサナイト、モアッサン石)とは、炭化ケイ素 =「シリコンカーバイド(silicon carbide)」で、1893年、フランスの科学者であるアンリ・モアサン博士が、アメリカのアリゾナ州北部に激突した隕石から発見されました。

 

モアサナイトの特徴

         モアサナイトは、ダイヤモンドより優れた靭性がある特徴です。衝撃への強さ・割れにくさを表す靭性において非常に優れています。また、表面のモース硬度も9.5 と、宝石の中ではダイヤモンドの10に次いで高い数値です。

モアサナイトの輝きは、ダイヤモンドよりも光の分散度「ファイア」、屈折率が高いため、ダイヤモンドの約2.5倍のきらめきが強いという特性があります。

モアサナイトの構成物質である炭化ケイ素は、化学的に非常に安定しているため、熱に対する耐久性もダイヤモンドより優れています。モアサナイトの価格は、ダイヤモンドの価格よりも安いです。特徴により、婚約指輪に選ばれることも増えています。Radhesでは、モアサナイト婚約指輪は商品を豊富に取り揃え、カナダとアメリカのお客様で人気になっています。

さらに、Radheskaでは、モアサナイトについては、カラーはD-E(無色)、クラリティはVS1、カットはExcellentのものだけを選び抜いています。

 

ラデスカのモアサナイトジュエリー

モアサナイトリング モアサナイトネックレス
モアサナイトピアス